(録画視聴)産業に役立つポリヴェーガル理論

臨床心理士の経営を考える会主催(定例会)
(録画視聴)産業に役立つポリヴェーガル理論
参加費:1000円

講師:吉里恒昭先生(臨床心理士・医学博士)
中條幸子(社会保険労務士、臨床心理士)
司会:桜井夏輝(株式会社 SilentVoice役員・組織風土コンサルタント)

平成の30年。
「大企業の正社員であること」がまるで人生の勝者のような時代でした。4月の一斉入社と退職までの在籍。それが故に保障された人生。

正社員を守るため、会社は限られたファンドの中で非正規職員や派遣社員の割合を大きくし、椅子取りゲームのように、正社員というパイを奪い合う。

ちょっと待ってくれ。
違う生き方があるんじゃないか?
それ以外は負け組なのか?

そんな声はかき消され、何度叫んでもむなしく社会の“常識”に沈んでいきました。

しかし。

時代は令和に移り、奪い合うのは優秀な労働者。国をあげて推奨されるのはフリーランス。重きを置かれるのは多様性と持続性。

我々が向き合うのはストレス、でしょうか?
何度叫んでも届かなかったその声、積み上げられ、負債となった心の傷「トラウマ」ではないでしょうか?

2022年4月。ついに中小企業にパワハラ防止法が適用になります。
時代の針が一気に動きます。

トラウマを抱きしめるこの時代に必須のポリヴェーガル理論を語る吉里先生と、社労士としても中小企業にコミットし続ける中條(当会代表)のトークセッションです。

お申込みはこちらから!(システム上、開催は2023年5月10日になっていますが、すぐにご視聴いただけます)
https://semican.net/event/SC190132/mzlcxn.html

担当:中條
sr-rindow@ridnowkokusai.com

講座全体の御案内はこちらです(2022年5月から2023年4月)
https://note.com/watashi0832/m/me6352910aa64

※規約に反する行為の方の受講は硬くお断りいたします。違反した場合、然るべき処置をとります。