心理職が知っておきたい “非常勤として働く”ということ。

臨床心理士の経営を考える会・主催

心理職が知っておきたい “非常勤として働く”ということ。

日時:3月7日(火曜日)=基礎編
   4月4日(火曜日)=基礎編の質問を受けての実践編
   いずれも午後7時から8時
   オンライン
   録画視聴あり(5月10日まで視聴できます)
参加費=二日合せて2500円
    サブスク会員は無料

講師:友永隆太弁護士(杜若経営法律事務所)

【講師経歴】友永隆太(ともながりゅうた)
2016年弁護士登録。使用者側で労働事件を主に扱う事務所(杜若経営法律事務所)に所属。団体交渉、残業代請求、労働災害や解雇事件等の労働問題について、いずれも使用者側の代理人弁護士として対応に当たる。労務をはじめとする企業向けセミナーを年間40回以上担当。著書に、『教養としての「労働法」入門』(共著、日本実業出版社)など多数

☆☆☆

年度末は退職と採用の時期です。

様々な形態で働く人の相談に乗る機会が多い心理職が、労働契約 や更新 、退職の際に知っておきたい法律の基礎知識とトラブルポイントを 解説いたします

内容
①非常勤は法律用語?
②非常勤が契約、更新するときのポイントは?
③非常勤はすぐに退職できる?解雇、退職、雇い止めのトラブルポイントと対策

お申込みはこちらです
https://semican.net/event/SC190132/xgwvcr.html