投稿者「RinLog28」のアーカイブ

「心理職が就活、転職、副業のために知っておきたい・社会保険&労働保険のチェックポイント」

臨床心理士の経営を考える会(定例会)

11月28日(日曜日)午後13時30分から15時
「心理職が就活、転職、副業のために知っておきたい・社会保険&労働保険のチェックポイント」
講師:中條幸子(臨床心理士・社会保険労務士)

オンライン(録画視聴あり)
単科参加費:1000円
サブスク会員には含まれています
臨床心理士資格申請ポイント予定講座です

労働契約と業務委託契約の違いもわかったし→「心理職が知っておきたい労働契約と業務委託契約の違い」
https://note.com/watashi0832/n/nb6b075951f2f

労働契約書と業務委託契約書のポイントも理解できた→「相談記録、報告書、契約書。法的にもスキのない文書」
https://note.com/watashi0832/n/n6d25ae704d73

では、そもそも自分にとって一番働きやすいのは
・非常勤の労働契約?業務委託だけ?
・出産を考えているのだけど、どういう働き方がいいの?
・週30時間+業務委託=最強説ってどういうこと?

社会保険労務士で臨床心理士の中條幸子が、
健康保険、年金、雇用保険、の切り口から、「いくら負担して」「いくらもらえる?」を解説します。7月バージョンをアップして類型(家族だったら、独身だったらなど)で解説したします!

お申込みはこちらです
https://semican.net/event/SC190132/fwujdw.html

講座全体の御案内です
https://note.com/watashi0832/m/m5007e19663d2

よくある質問です
https://note.com/watashi0832/n/ne8f3c732d5d7

「教えて!ヒデ先生。パンダ先生、経営者物語・心理職のための経営・集客術」③

臨床心理士の経営を考える会・定例会

「教えて!ヒデ先生。パンダ先生、経営者物語・心理職のための経営・集客術」③

10月25日(月曜日)午後7時から8時半
オンライン
参加費1000円(単科)
(サブスク会員様には含まれています)

法律や心理の「マジメ」な講義とは一変、心理職がカウンセリングルームを経営したり、助成金使うには・・などを4人でお話していきます。(気軽に聞いてくださいね!テキストは講義後、送ります)

すでに2回終わり

相談する人→太田滋春先生「え、、経営ってこういうものだったのですか・・」
相談される先生→小山秀之先生「あー。それは業界ではねえ」
突っ込む人→中條幸子「あの、それ世の中的にはちょっと」
必死にまとめる人→桜井夏輝さん「うーん、それを具体的数字と行動に落とし込むとですね」

のスタイルが確立されつつあります

講座の最初に中條が今までのお話、「これは知っておいて!」という法律、お金の話を導入しながら進めます!

お申込みはこちらです!

https://semican.net/event/SC190132/boqigy.html

講座「心理職が知っておきたいメンタル判例解説」

臨床心理士の経営を考える会 オンライン Live 講義開催
今回のテーマ「心理職が知っておきたいメンタル判例解説」
講師 友永隆太弁護士(杜若経営法律事務所)
残席 75 名 (定員達成次第申込終了)

概要
メンタル事案による判例が次々と出ています。いったい何が法的な問題となり、ならば心理職はどのように予防や支援ができるのか?「これならば大丈夫ですよ」といえる日々の業務での注意点を、法律家の視点で安心・安全な答えを提示します。心理職に必要な法律の知識に絞り込んだ講義を、講演で大忙しな友永隆太弁護士が登壇です。できる限り「具体的に」をモットーに、明日から使える情報をお届けします!

友永弁護士の説明
慶應義塾大学法科大学院修了(平成 27 年)、第一東京弁護士会弁護士登録、杜若経営法律事務所入所(平成 28 年)。経営法曹会議会員。団体交渉、残業代請求、労働災害や解雇事件等の労働問題について、いずれも使用者側の代理人弁護士として対応にあたっており、メンタルに関連する紛争事案においても多数件解決に導いている。

Live 予定
10 月 22 日(金曜日)18:30~21:00 (終了しました、録画視聴できます)
第1回「総論:メンタルトラブルの類型と、裁判所の判断体系」11 月 2 日(火曜日) 18:30~21:00
第2回「各論:心理職と裁判~判例の中にみる心理職の注意点~」

Live講義を見逃した方は録画講義を視聴可能(申込者には登録メールに視聴 URL を送ります。)

価格
臨床心理士 4000 円
臨床心理士以外 5000 円

お申し込みはこちらから(一度の申し込みで 2 日申し込みの手続きが完了します)

https://semican.net/event/SC190132/jsajuv.html

#公認心理師 #企業 #経営 #開業 #臨床心理 #産業保健 #法律 #経営 #心理学

臨床心理士の経営を考える会・サブスク特典(10月6日時点)まとめました

「臨床心理士の経営を考える会」サブクスへのお申込み、予想をはるかに上回りまして・・
要するに何が手に入るのか、と、それは知りたい!というので、まとめました(質問コーナーにも追加しました→アップデートしていきますね!)
https://note.com/watashi0832/n/ne8f3c732d5d7

サブスクは月会費ではありません=すべて1度のお申込みで以下の講座が受けられます(時間単位の違う講座が複数あり、月額にできない、などの事情があるためです)
6ヶ月で修了するので実質月額1666円となります。

2021年10月6日時点:

サブスク会員の料金(1万円)に含まれるものは何ですか?

<1>
☆臨床心理士資格更新ポイント予定(計20時間)
☆オンライン(オンデマンドあり。2022年5月まで視聴可能)
☆14講座(20時間)で参加料10000円。
☆参加料に含まれるもの
 ・ライブ参加
 ・録画視聴
 ・テキスト
 ・講義内での質問への回答集(後日送付)
 ・WS(ワークショップ)への優先案内

14講座案内
https://note.com/watashi0832/n/n75418f93c0f1

<2>

(今回は)ライブ添削やります!
「相談記録、報告書、契約書。正確に伝わる文章、法的にもスキのない文章の書き方」

心理職の相談記録ってそもそもなんのために書くの?どうやって書けばいいの?書式はないから自由に、といっても、でも、これ本当に自由に書いて裁判になったら責任はどうなるの?どうしたら、クライエント、契約先、そして自分を守れるの?

そんな疑問、リクエストにお応えする3日間です!(10月10日、13日、20日)
サブスク会員様は無料で、資料、録画を提供いたします。
https://note.com/watashi0832/n/n6d25ae704d73

<3>
以下の中から動画(資料はありません)を1本プレゼントいたします

5月から開催された講座の動画のうち、1本を無料で進呈いたします

対象=90分講座(資料はつきません)
1:心理職が企業と契約を結ぶときに知っておきたい労働の基礎知識(概論編)
  講師;中條幸子
2:心理職が企業と契約を結ぶときに知っておきたい健康保険・労働保険の基礎
  講師:中條幸子
3:心理職が企業と契約を結ぶときにしっておきたい業務委託契約書の書き方
  講師:友永隆太弁護士
4:心理職はオンラインをこう使え!
  講師:吉里恒昭先生(臨床心理士・ライバー)
5:心理職はコミュニケーション術をこう使え!
  講師:桜井夏輝(株式会社・Silent Voice役員・組織風土コンサルタント)

<4>無料講座の資料と動画資料(ライブ参加も大歓迎です)

<無料講座>職場でちょっと困った人への対応事例②
https://note.com/watashi0832/n/n7a9dda4e0da1

☆サブスク会員様には録画と資料を差し上げます


以上すべてで1万円となります。

お申し込みはこちら!
https://semican.net/event/SC190132/scqbia.html

録画視聴<「心理職が知っておきたい労働法の知識・労働契約、業務委託の違いと実務上のトラブルポイント」

臨床心理士の経営を考える会
((定例会・単科です)

<労働問題は感情問題>
「心理職が知っておきたい労働法の知識・労働契約、業務委託の違いと実務上のトラブルポイント」
・録画視聴(9月29日ライブ放映の録画です)
・参加費1000円
・臨床心理士資格ポイント更新予定講座

講師:友永隆太弁護士(杜若経営法律事務所)
 アシスタントは中條幸子(臨床心理士・社会保険労務士)
 司会は桜井夏輝(株式会社・Silent Voice・役員組織風土コンサルタント)

ライブ参加者から「ぼやっとしていた労働契約と業務委託契約の違いがクリアになった!」との反響続々です。

心理職は業務委託契約が比較的多い職種です。録画視聴でも、どうぞ!迫力と双方向の90分です。

お申込みはこちたらです!
https://semican.net/event/SC190132/wzkpjo.html

友永弁護士メッセージ:

私は使用者側(企業側)弁護士として仕事をしております。仕事、労働には必ず人が関わります。人には感情があります。労働問題は感情問題ともいえます。

私は司法修習時代、教官から「人同士のトラブルの原因のほとんどはコミュニケーション不足」と言われたことが忘れられません。

日々、クライエントに向き合いながら「この時点で話し合っておけばこじれなかったのに」と思うことは多々あります。

“話合い、対話こそ、人同士のトラブル防止の最強のツールと”感じております。

5月から心理職の先生方に講演をさせていただき、心に響くメッセージをたくさんいただきました。話し合い、対話のプロフェッショナルの先生方に温かい言葉をかけていただき、感謝に耐えません。

弁護士、心理職、企業経営者、人事、産業保健など、立場は違っても、人が自分らしさを活かし、日々笑顔で働く環境をつくりたい、という思いは一緒であると思います。

私は弁護士という立場で、多くの方々に法律を身近に、そして毎日が安心して過ごすツールとしてお届けしたいと思います。

対象:
・法律には苦手意識あり。でも、自分もクライエントもしっかりとした知識で守りたい臨床心理士・公認心理師
・しっかりと雇用を守りたい、人を雇う立場の企業・心理職・士業の皆様
・これから就活。仕事選びに「契約」を知りたい臨床心理大学院生
・毎日触れる法律の知識を整理したい産業保健職
・顧問先を持つ社会保険労務士、税理士、中小企業診断士ら士業
・手続きはできるけど、この機会にしっかりと法律の理論と実務を学びたい人事

サブスク情報はこちらです
https://note.com/watashi0832/n/n75418f93c0f1?magazine_key=m5007e19663d2

<録画視聴>「支援者が自分とクライエントを守るために知っておきたいマインドフルネス<上>」

臨床心理士の経営を考える会
((定例会・単科です。(サブスク会員様=14講座・10000円)には含まれていますので、申し込みは不要です))

「支援者が自分とクライエントを守るために知っておきたいマインドフルネス<上>」
録画(9月19日分です)
・オンライン(オンデマンドあり)
・参加費1000円
・臨床心理士資格ポイント更新予定講座

講師:吉里恒昭先生(臨床心理士・医学博士)
 アシスタントは中條幸子(臨床心理士・社会保険労務士)
 司会は桜井夏輝(株式会社・Silent Voice・役員組織風土コンサルタント)

対象:
・支援の現場で自分もクライエントの心身を守りたい臨床心理士・公認心理師
・マインドフルネスを本格的に学びたい産業保健職
・顧問先、コンサル企業でメンタル支援に力を入れたい社会保険労務士、弁護士ら士業
・企業で従業員のケアを担当している人事

講師メッセージ:

臨床心理士、産業保健、顧問先のある法律士業、そして人事。
人に関わる仕事は、他人を助けたいあまりに、自分自身のコンディションを忘れがちです。支援したい気持ちが強すぎて、燃え尽きてしまう、疲れてしまう、、、そんな人も多いです。自分のコンディションが良くないとき、他人に手を差し伸べるのはなかなか難しいですよね。

1日平均15名のカウンセリングを担当している臨床心理士の吉里がなぜコンディションを崩さずに毎日楽しく仕事を続けられるのか。この講座では、自分の心身を守りながら支援をできるようになるために、マインドフルネスのエッセンス講義と基礎練習を行います。

「自分の身体・感情・思考」を観察できるように論理をご紹介し、練習。講義の翌日からすぐに実践できることを紹介します。“力みがなく穏やかに”自分も他人も大切にしながら、仕事をエンジョイしていきましょう。

2回連続の1回目です。

お申込みはこちら
https://semican.net/event/SC190132/isqzvi.html

☆サブスクの御案内はこちらです
https://note.com/watashi0832/n/n75418f93c0f1?magazine_key=m5007e19663d2

「心理職のためのパワハラ防止法ワークショップ・基礎知識と実務対応」

臨床心理士会の経営を考える会・主催
「心理職のためのパワハラ防止法ワークショップ・基礎知識と実務対応」

11月30(火曜日)午後6時半から9時
12月3日(金曜日)午後6時半から9時

※二日、違う内容です。
1日目は基礎的な法律の知識、2日目はより実践的な内容になります
※録画視聴ができます

オンライン(オンデマンドあり)
臨床心理士 4000円
臨床心理士以外 5000円
講師:友永隆太弁護士(杜若経営法律事務所)
※臨床心理士更新ポイント申請予定講座

開催の主旨

2022年4月

ついにパワハラ防止法が中小企業に適用となります。

労働者にその力を存分に発揮してほしい使用者。
使用者に思いを聞いてもらい、充実した職業人生を送りたい労働者。

企業の存続をかけ、中小企業は「相談のプロ」
を探しています。

心理職の真骨頂「調整機能」がこれほど求められたことはなかったでしょう

いつも「これならば大丈夫ですよ」と安心・安全な答えと、心理職に必要な法律の知識に絞り込んだ講義で大人気の友永隆太弁護士、圧倒的リクエストにお応えして、今年最後のワークショップです

お申し込みはこちらです(2日分の申し込みが終了します)
https://semican.net/event/SC190132/erxxei.html

講座全体の案内
https://note.com/watashi0832/m/m5007e19663d2

<無料講座>職場でちょっと困った人への対応事例②

アンコール!シリーズ化!の声に押され、舞い上がって第2弾

<無料講座>職場でちょっと困った人への対応事例②

あのスイーツ会社でまたまた事件が・・

「六さん!なんで“上司のパワハラ適応障害の診断書”が出るんだよ!これ、俺じゃん!」
「この田中六三郎、先代に顔が立ちません」
「おれ、頑張って障害者雇用まで対応して、これなの?あの営業NO1で生意気で臨床心理の大学院を出た鈴木は?」
「出張ですよ、お得意様に人気がありすぎて」
「六さん、俺の代で会社つぶすのかよー、助けてくれよ!」

・10月17日(日)午後2時から3時半
・オンライン(録画視聴あります)
・今回は女性の声は美声の方に担当していただけることになりました!

前回の講座参加者様の声
・企業で心理職がどう動くか、わかりやすくストーリー仕立てで説明していただきました。毎回、学びがあります。
(心理職)
・先生の演技が面白くて、内容も非常にわかりやすくて参加してよかったです。
また機会がありましたら参加したいです。
(臨床心理大学院生)
・会社でも対応に苦慮する事例があり、参加させていただきました。ストーリーに合わせてどういう背景があるか、対応のヒントが散りばめられていてとても勉強になりました。
(産業保健)
・中條先生のストーリーと講義はいつもとても楽しいです。毎回楽しみにしています
(社会保険労務士)

無料講座のお申込みはこちらです!
https://semican.net/event/SC190132/chttpu.html

☆サブスク会員様には録画と資料を差し上げます
☆無料講座にお申込みされた方で、9月28日までにサブスク講座か10月22日、11月2日開催のWSに申し込まれた方には
お好きな動画1本をプレゼントいたします。(資料はつきません)

1:心理職が企業と契約を結ぶときに知っておきたい労働の基礎知識(概論編)
  講師;中條幸子
2:心理職が企業と契約を結ぶときに知っておきたい健康保険・労働保険の基礎
  講師:中條幸子
3:心理職が企業と契約を結ぶときにしっておきたい業務委託契約書の書き方
  講師:友永隆太弁護士
4:心理職はオンラインをこう使え!
  講師:吉里恒昭先生(臨床心理士・ライバー)
5:心理職はコミュニケーション術をこう使え!
  講師:桜井夏輝(株式会社・Silent Voice役員・組織風土コンサルタント)
すべて90分です

☆サブスク情報はこちら
https://note.com/watashi0832/n/n75418f93c0f1?magazine_key=m5007e19663d2

☆WS情報はこちら

ワークショップ型(WS)
「心理職が知っておきたいメンタル判例集」
10月22日(金曜日)午後6時30分から9時
11月2日(火曜日)午後6時30分から9時
講師:友永隆太弁護士(杜若経営法律事務所)
臨床心理士・4000円
臨床心理士以外・5000円

WSのお申し込みはこちらです
https://semican.net/event/SC190132/jsajuv.html

9月19日・臨床心理士の経営を考える会 (定例会・単科)

臨床心理士の経営を考える会
((定例会・単科です。(サブスク会員様=14講座・10000円)には含まれていますので、申し込みは不要です))

「支援者が自分とクライエントを守るために知っておきたいマインドフルネス<上>」
9月19日(日曜日)午後7時から8時半)(90分)
・オンライン(オンデマンドあり)
・参加費1000円
・臨床心理士資格ポイント更新予定講座

講師:吉里恒昭先生(臨床心理士・医学博士)
 アシスタントは中條幸子(臨床心理士・社会保険労務士)
 司会は桜井夏輝(株式会社・Silent Voice・役員組織風土コンサルタント)

対象:
・支援の現場で自分もクライエントの心身を守りたい臨床心理士・公認心理師
・マインドフルネスを本格的に学びたい産業保健職
・顧問先、コンサル企業でメンタル支援に力を入れたい社会保険労務士、弁護士ら士業
・企業で従業員のケアを担当している人事

講師メッセージ:

臨床心理士、産業保健、顧問先のある法律士業、そして人事。
人に関わる仕事は、他人を助けたいあまりに、自分自身のコンディションを忘れがちです。支援したい気持ちが強すぎて、燃え尽きてしまう、疲れてしまう、、、そんな人も多いです。自分のコンディションが良くないとき、他人に手を差し伸べるのはなかなか難しいですよね。

1日平均15名のカウンセリングを担当している臨床心理士の吉里がなぜコンディションを崩さずに毎日楽しく仕事を続けられるのか。この講座では、自分の心身を守りながら支援をできるようになるために、マインドフルネスのエッセンス講義と基礎練習を行います。

「自分の身体・感情・思考」を観察できるように論理をご紹介し、練習。講義の翌日からすぐに実践できることを紹介します。“力みがなく穏やかに”自分も他人も大切にしながら、仕事をエンジョイしていきましょう。

2回連続の1回目です。

お申込みはこちら

https://semican.net/event/SC190132/igadlg.html

☆サブスクの御案内はこちらです
https://note.com/watashi0832/n/n75418f93c0f1?magazine_key=m5007e19663d2

「臨床心理士の経営を考える会」 2021年9月から2022年2月(定例型講座)のお知らせ

「臨床心理士の経営を考える会」

2021年9月から2022年2月(定例型講座)のお知らせ

☆臨床心理士資格更新ポイント予定(計20時間)
☆オンライン(オンデマンドあり。2022年5月まで視聴可能)
☆14講座(20時間)で参加料10000円。
☆参加料に含まれるもの
 ・ライブ参加
 ・録画視聴
 ・テキスト
 ・質問コーナーへの回答集(後日送付)
 ・WS(ワークショップ)への優先案内

申し込み締め切り2021年9月30日

A:法律・経営
・9月29日(水曜日)午後7時から8時半
「心理職が知っておきたい労働法の知識・労働契約、業務委託の違いと実務上のトラブルポイント」」
講師:友永隆太弁護士(杜若経営法律事務所)

・10月25日(月曜日)午後7時から8時半
「心理士のための経営・集客術(教えて!ヒデ先生・パンダ先生経営者物語③
講師:小山秀之先生(臨床心理士)太田滋春先生(臨床心理士)
☆連続講座の3回目です。1,2回目の内容は講座のはじめにダイジェストでお伝えしますが、録画視聴視聴もお勧めです。なお、2回目は8月30日です。
1回目録画(テキスト付です)
https://note.com/watashi0832/n/n661f97563767?magazine_key=meb715895104b

2回目案内(8月30日)
https://note.com/watashi0832/n/nb690793721cb?magazine_key=meb715895104b

・11月28日(日曜日)午後13時30分から15時
「心理職が就活、転職、副業のために知っておきたい・社会保険・労働保険の基礎知識とポイント」
講師:中條幸子(臨床心理士・社会保険労務士)

12月(調整中)
「心理士のための経営・集客術(教えて!ヒデ先生・パンダ先生経営者物語④
講師:小山秀之先生(臨床心理士)太田滋春先生(臨床心理士)

1月21日(金曜日)午後7時から8時半
「心理職が知っておきたい労働法の知識・解雇、退職、雇止めの基本知識とトラブルポイント」
講師:友永隆太弁護士(杜若経営法律事務所)

2月(調整中)
「心理士のための経営・集客術(教えて!ヒデ先生・パンダ先生経営者物語⑤

(いずれも司会は桜井夏輝(株式会社・Silent Voice・役員組織風土コンサルタント))

B:心理学

いずれも講師は吉里恒昭先生(臨床心理士・医学博士)
 アシスタントは中條幸子(臨床心理士・社会保険労務士)
 司会は桜井夏輝(株式会社・Silent Voice・役員組織風土コンサルタント)

・9月19日(日曜日)午後7時から8時半
「支援者が自分とクライエントを守るために知っておきたいマインドフルネス<上>」

・10月17日(日曜日)午後7時から8時半
「支援者が自分とクライエントを守るために知っておきたいマインドフルネス<下>」

・11月28日(日曜日)午後7時から8時半
「支援者が自分とクライエントを守るために知っておきたいダイアローグ<上>」

・12月19日(日曜日)午後7時から8時半
「支援者が自分とクライエントを守るために知っておきたいダイアローグ<下>」

・1月23日(日曜日)午後7時半から8時半
「支援者が自分とクライエントを守るために知っておきたいポリヴェーガル理論と実際<上>」

2月13日(日曜日)午後7時半から8時半
「支援者が自分とクライエントを守るために知っておきたいポリヴェーガル理論と実際<下>」

(内容は視聴者のリクエストなどの事情で多少の変更も予定されます)

C:
・「産業医はこんな心理職と働きたい!」
~専門職として、そして企業人として~
10月24日 午後9時から10時(60分)
講師:五十嵐侑先生(産業医)
アシスタント:中條幸子(臨床心理士・社会保険労務士・英語通訳)

「専門職」が「産業分野」で働くとは?

臨床心理士が産業分野で働く割合は約4%。そして医師の世界でも産業は臨床医と比べればまだ少数です。

産業医として多数の企業に関わり、心理職などの多職種と連携し、産業保健活動を展開してきた豊富なご経験をお持ちの五十嵐侑先生が「スペシャリストが企業で感じるジレンマと克服への道のり」「企業、従業員の幸せに貢献できる専門家としてのやりがい」そして「こんな心理職とチームを組みたい!」という話題を、真っすぐに、楽しく提供してくださいます!

産業医界の若大将が登壇です!お楽しみに!

・10月24日(日曜日)午後7時30分~8時30分(60分)

「ニュースって、どうつくるの?」
~情報の海におぼれないメンタルのために~
講師:中條幸子(臨床心理士、社会保険労務士)

なかなか終わらないコロナ。毎日溢れる情報にぐったり・・。
元新聞記者で、臨床心理士・社会保険労務士の中條幸子が、記事の見方、取材執筆の裏側(少々)、そして読者、視聴者は情報をどう捉えればいいのか?

企業や士業講座で毎回大人気のトピックスです。日曜日の夜、五十嵐医師のお話と一緒にどうぞ!

対象者:
・法律、お金、ビジネスのことはちょっと苦手だな、最新の心理学も学び直したいという臨床心理士
・公認心理師はとったけど、心理学は何を学べばいいのかな?法律も学んでおくと支援に役に立つかなという方
・「いったいどの働き方だと自分に合っているの?」という就活中の心理系大学院生
・産業保健や人事で働いているけど、きちんと契約の意味やメンタルのことを学びたい、という方
・顧問先でメンタル事案が多くて対応に苦慮。法も踏まえてしっかり企業を支えたい、という法律士業の方々

仮申し込みはこちら(受付後、お支払い方法をお知らせいたします)
https://semican.net/event/SC190132/scqbia.html


ワークショップ型(WS)
「心理職が知っておきたいメンタル判例集」
10月22日(金曜日)午後6時30分から9時
11月2日(火曜日)午後6時30分から9時
講師:友永隆太弁護士(杜若経営法律事務所)
臨床心理士・4000円
臨床心理士以外・5000円

こちらにも同じ情報を掲載しています!↓

https://note.com/watashi0832/n/n75418f93c0f1