投稿者「RinLog28」のアーカイブ

「心理職が知っておきたい労働法の知識・解雇、退職、雇止めの基本知識とトラブルポイント」

2022年、最初の講座は昨年、大ヒットの「オンラインを活用するときに心理職が知っておきたい法律の知識」「心理職のためのパワハラ防止法ワークショップ・基礎知識と実務対応」「「相談記録、報告書、契約書。正確に伝わる文章、法的にもスキのない文章の書き方」などで講師を務めていただいているこの弁護士先生から!

☆☆☆

臨床心理士の経営を考える会(定例会)

「心理職が知っておきたい労働法の知識・解雇、退職、雇止めの基本知識とトラブルポイント」

2022年1月21日(金曜日)午後7時から8時半(90分)
単科申し込み 1000円
オンライン(録画視聴あり)
(サブスク会員プログラムには含まれています)

・解雇、退職、雇い止め。これはどう違うの?この中の2つは法律の中にあるけど一つはないって本当?
・年度末に向けて「会社をクビになりました」という相談が多々。では、次にどうすればいいの?リファー先は労働基準監督署?
・産業の心理職。そもそも論で解雇、雇い止めを産まない組織風土つくりはどうしたらいいの?

講師:
友永隆太(ともながりゅうた)
2016年弁護士登録。使用者側で労働事件を主に扱う事務所(杜若経営法律事務所)に所属。団体交渉、残業代請求、労働災害や解雇事件等の労働問題について、いずれも使用者側の代理人弁護士として対応に当たる。労務をはじめとする企業向けセミナーを年間40回以上担当。著書に、『教養としての「労働法」入門』(共著、日本実業出版社)がある。

司会:
桜井夏輝(株式会社 Silent Voice役員・組織風土コンサルタント)
中條幸子(臨床心理士の経営を考える会・代表。臨床心理士、社会保険労務士、英検1級)

対象:
・相談業務で労働の問題を担当することが多い心理職

人事、産業保健などで企業、従業員からの相談にのる機会の多い方にも!

単科のお申込みはこちら!
• https://semican.net/event/SC190132/sujswu.html

講座全体の御案内はこちら

https://note.com/watashi0832/m/m5007e19663d2

中小企業のためのメンタル事例研究会・東京社会保険労務士会承認、自主研究会


           中小企業のためのメンタル事例研究会

●グループ紹介
臨床心理である中條が2017年から社労士が現場で困るメンタル事例を取り上げ活動してまいりました。
企業でのメンタル事例は、①躁うつ病、②発達障害、③人格障害の3つは必ずおさえるトピックスですが、人手不足に悩む中小企業においては、これに加え、④精神遅滞、⑤愛着障害をしっかりと抑えることが大切です。
さらに、弁護士、産業医、深い知識を持った臨床心理士などの連携も欠かせません。
事例検討会を年4回予定、また、弁護士らを招いた特別講演会を開催いたします。

●グループ概要
1)代表者:中條幸子(武蔵野統括支部・武蔵野支部)
3)連絡先:中條幸子 E-mail sr-rindow@rindowkokusai.com
<事例検討会>

6月、9月、12月、3月の最初の木曜日。いずれも午後7時から8時半
(会場とオンライン併用予定ですが、情勢によって適宜変更いたします)

①6月2日(木曜日)午後7時から8時
①9月1日(木曜日)午後7時から8時
②12月1日(木曜日)午後7時から8時
③3月2日(木曜日)午後7時から8時

4)開催日時:年4回(6月、9月、12月、3月の最初の木曜日)
5)会場:都内会場
6)会費:年会費2000円 入会費1000円
7)会員数:11名 会員募集中
8)見学・体験:見学制度あり

●研究会の進め方について
社労士が抱えるメンタル相談事例を2つ、ピックアップいたします。事例は会員から募集し、臨床心理士、公認心理師である中條がSVを務めながら全員で討議いたします。
年に2,3回、弁護士、産業医、心理学者などを招いた特別講義を開催いたします。
※特別講演は別途講演料をいただきます。(会員3000円、非会員6000円)
※非会員参加料=(特別講演参加費3,000)+(入会費1,000円)+(年会費2,000円)
一度でも非会員として参加された方には入会費と1年間の年会費が特典としてつきます。

●研究会開催テーマ
 2022年3月11日午後7時(特別講演)(会場は都内予定)(録画視聴できます)
「社会保険労務士が外部相談窓口としてこれだけは知っておきたい心理学5ステップ
~法律家との連携はココをおさえろ!」
講師:友永隆太弁護士(杜若経営法律事務所)
中條幸子(当会代表・臨床心理士、公認心理師、社会保険労務士、英検1級)

お問い合わせ:
中條
sr-rindow@rindowkokisai.com

中小企業のためのメンタル事例研究会|東京都社会保険労務士会HPに掲載していただきました!

東京社会保険労務士会、自主研究会としてHPにアップしていただきました!

中小企業のためのメンタル事例研究会|東京都社会保険労務士会

中小企業のためのメンタル事例研究会


こちらにも!
初回、特別講演会、決定しております!
(会場開催を予定しております)

中小企業のメンタル事例研究会

●グループ紹介
臨床心理である中條が2017年から社労士が現場で困るメンタル事例を取り上げ活動してまいりました。
企業でのメンタル事例は、①躁うつ病、②発達障害、③人格障害の3つは必ずおさえるトピックスですが、人手不足に悩む中小企業においては、これに加え、④精神遅滞、⑤愛着障害をしっかりと抑えることが大切です。
さらに、弁護士、産業医、深い知識を持った臨床心理士などの連携も欠かせません。
事例検討会を年4回予定、また、弁護士らを招いた特別講演会を開催いたします。

●グループ概要
1)代表者:中條幸子(武蔵野統括支部・武蔵野支部)
3)連絡先:中條幸子 E-mail sr-rindow@rindowkokusai.com
4)開催日時:年4回(土曜日の午後2時から3時半・ただし、情勢などを鑑み、オンライン併用や会場の変更、時間の変更があります)
5)会場:都内会場
6)会費:年会費2000円 入会費1000円
7)会員数:9名 会員募集中
8)見学・体験:見学制度あり

●研究会の進め方について
社労士が抱えるメンタル相談事例を2つ、ピックアップいたします。事例は会員から募集し、臨床心理士、公認心理師である中條がSVを務めながら全員で討議いたします。

年に2,3回、弁護士、産業医、心理学者などを招いた特別講義を開催いたします。
※特別講演は別途講演料をいただきます。(会員3000円、非会員6000円)
※非会員の6000円には、入会費と年会費が含まれています

●研究会開催テーマ
 2022年3月11日午後7時(特別講演)(会場は都内予定)
「社会保険労務士が外部相談窓口としてこれだけは知っておきたい心理学5ステップ
~法律家との連携はココをおさえろ!」
講師:友永隆太弁護士(杜若経営法律事務所)
中條幸子(当会代表)

産業保健と心理学のクロスロード 産業保健はこんな心理士と働きたい② ~産業保健師から見た臨床心理士への期待と展望~

臨床心理士の経営を考える会主催

産業保健と心理学のクロスロード
産業保健はこんな心理士と働きたい②
~産業保健師から見た臨床心理士への期待と展望~

2022年3月27日(日曜日)午後8時から9時
講師 後藤みずえ氏(産業保健師)
オンライン(録画視聴あり)
参加料・500円
サブスク会員は無料

https://note.com/watashi0832/n/n6bac34fd85bd

新年度スタートを控え EAP や企業で働く臨床心理士も多いかと思います

企業で専門職が働く“いろは“を楽しく優しく明快に語ってくれる、フリーランスの産業保健師、後藤みずえさんの登場です!

豊富な臨床経験に裏打ちされた確かな医療の知識と技術、そして企業において心理士と連携する上での肝。

10月の五十嵐侑ドクターに続いて産業保健とのクロスロードその②です

ご期待ください!

お申込みはこちら!

https://semican.net/event/SC190132/hmywmj.html

後藤みずえ氏略歴
看護師・保健師

産業保健師として東京、神奈川で企業の安全衛生や健康管理のサポートを主軸に活躍。

さんぽラジオ「働くひとの健康を考える専門家のチャンネル 」ではスピーカーを務め、情報発信にも精力的に取り組む。
週1は東京(赤坂見附)の「スナック月曜の保健室」のママ。スナックは様々な業種の人々と産業に携わる医療関係者が集う場所となっている。

担当:中條幸子
sr-rindow@rindowkokusai.com

臨床心理士の経営を考える会・全体の案内はこちらです
https://note.com/watashi0832/m/m5007e19663d2

外国人労働者メンタル支援・定例会・オープンコンサルティング

外国人労働者メンタル支援・ねころび
2022年1月26日午後7時から

会員様限定、そして毎回公表のオープンコンサルティングを開催いたします!

法律、コミュニケーション、心理学の切り口で外国人労働者メンタル問題の公開質問にお答えたします!

友永隆太弁護士(杜若経営法律事務所)
桜井夏輝(株式会社・Slent Voice役員、組織風土コンサルタント)
中條幸子(臨床心理士、英検1級、社会保険労務士)

労働相談のための電話相談10ステップを追加開催いたします!

【緊急開催!】法律士業、産業保健、人事のためのパワハラ防止法・対策集中講座
&労働相談のための電話相談10ステップ

2022年4月、パワハラ防止法が適用になります。
山のようにメンタル対策、相談手法の本などが出ていますが、法律士業、産業保健、人事としてはどこまでを知り、そして何をすればよいのでしょうか?

社労士として、臨床心理士として4年間、専門職への講座展開の経験から「これだけは」の講座をオンラインで開催します。

絞り込んだ内容の講義後、参加者をSLACKにご招待。質問をまとめた講座を開催します。

日程(すべて録画視聴できます)

<発達障害など>

1月
発達障害基礎と法律士業・人事の実務対応のポイント
①1月8日(土曜日)午後7時から7時45分(講義)
②1月15日(土曜日)午後7時から7時45分(講義)
③1月29日(土曜日)午後7時から8時30分(①②を受け、皆様から出た質問にお答えします)
・発達障害で最も大切なことは〇〇に困らないこと。
・発達障害と言われて、最初にすべきことがあります。そしてそのフォローアップとは?

2月
発達障害、愛着障害・法律士業・人事の実務対応のポイント
①2月5日(土曜日)午後7時から7時45分(講義)
②2月12日(土曜日)午後7時から7時45分(講義)
③2月26日(土曜日)午後7時から8時30分(①②を受け、皆様から出た質問にお答えします)
・発達障害と似て異なる愛着障害、企業はどうすれば?
・産業分野。もう「○○」が肝!でしょう

3月
人格障害①②・法律士業・人事の実務対応のポイント
①3月5日(土曜日)午後7時から7時45分(講義)
②3月12日(土曜日)午後7時から7時45分(講義)
③3月26日(土曜日)午後7時から8時30分(①②を受け、皆様から出た質問にお答えします)
・難攻不落の人格。対応策は就業規則でいいの?
・決断しないといけないときがあります。この専門職に登場してもらいます!

参加費:
1か月単位=2980円
申し込みはこちらから

•1月 https://semican.net/event/SC190132/erbkok.html

•2月https://semican.net/event/SC190132/nzqqmn.html

•3月 https://semican.net/event/SC190132/plxart.html

3か月=7500円
申し込みはこちらから!
https://semican.net/event/SC190132/vlzccn.html

☆☆☆4月を前に電話相談の講座希望が多数あり、追加させていただくことになりました!
(すべて土曜日開催、録画あり。講座の間に15分の休憩があります)

1月
1月8日・発達障害 (午後7時から7時45分)+電話相談STEP1(8時から8時45分)
1月15日・発達障害(午後7時から7時45分)+電話相談STEP2(8時から8時45分)
1月29日・質問に答えて①(7時から8時30分)+電話相談STEP3(8時45分から9時30分)

2月
2月5日・発達障害(午後7時から7時45分)+電話相談STEP4(8時から8時45分)
2月12日・愛着障害(午後7時から7時45分)+電話相談STEP5(8時から8時45分)
2月26日・質問に答えて②(7時から8時30分)+電話相談STEP6(8時45分から9時30分)

3月
3月5日・人格障害(午後7時から7時45分)+電話相談STEP7(8時から8時45分)
3月12日・人格障害」(午後7時から7時45分)+電話相談STEP8(8時から8時45分)
3月26日・質問に答えて③(7時から8時30分)+電話相談STEP9、10(8時45分から10時15分)

受講料 
①前半系のみ3ヶ月で7,500円
②後半電話相談編(10ステップすべて)のみ3ヶ月で5,000円
①+②合わせて10,000円

①のお申込みを多数いただております。発達障害などの講座(3か月で7500円)すでにお申込みの方で電話相談をお申込みの方は差額(2500円)でのお申込みとなります(振込手数料をおかけする場合、大変申し訳ありません)

発達障害系のみのお申込みはこちら(7500円)
https://semican.net/event/SC190132/vlzccn.html

電話相談のみのお申込みはこちら(5000円)
https://semican.net/event/SC190132/fclhkh.html

二つの講座を合せてのお申し込みはこちら(10000円)
https://semican.net/event/SC190132/akzavc.html

・すでに発達障害系のお申込みの方はご連絡ください
sr-rindow@ridnowkousai.com(中條)

<講師:りんどう国際事務所・中條幸子>
臨床心理士・公認心理師・社会保険労務士

米国大学日本校を首席卒業後、地方新聞社に勤務。社会面、国際面など担当し、在職中に英検1級取得。退社後、(独)労働安全衛生総合研究所(当時)にて英語翻訳・通訳者として安衛法などを担当する。同時に通った大学院卒業後、2010年に臨床心理士を取得し、産業分野一筋。2017年、社会保険労務士合格。

顧問企業へのコンサルテーションほか、弁護士、社労士、産業保健らへのメンタル講座を展開。4年間で、のべ800人が受講する。社労士ら法律士業への個別コンサルテーションも多数。「メンタル相談ならばこれだけ」に絞り込んだ内容と、圧倒的なプレゼン能力で幅広い専門職から支持を受けている。

著作:
開業社労士専門誌「SR」(日本法令)
 抽象企業義務化直前 パワハラコンサル 提案と実務
外部相談窓口をする際のポイント(日本法令)

法律士業・人事のための相談応対シリーズ が人気です

法律士業・人事のための相談応対シリーズ が人気です

マガジンはこちらです
https://note.com/watashi0832/m/mcf106ec30981

2021年12月の大阪、心療内科の火災を受けて番外編(緊急事態とマスコミ報道に備えて)①から④を書かせていただきました。


大阪の心療内科、火災の報道をご覧になっている法律士業、人事、労働相談員の方々が多いかと思います。19日は著名人の自死報道がありました。

両立支援の動きが進み職場でも精神に障害のある方の雇用が進んでいます。

彼らが不安になる、怖いという訴えをするなどの反応が考えられます。

何より懸念されるのは今回の事件の報道で、精神障害などに対する偏見が助長されることです。

このような時に人事や顧問、労働相談員らはどのようにしたらよいのかという点を番外編(緊急事態とマスコミ報道に備えて)として書かせて頂きました。ご参考になれば幸いです。

(私は元々ある新聞社に勤務していました。また今は臨床心理士であり社会保険労務士です)

① https://note.com/watashi0832/n/n62e3a15deb1c
② https://note.com/watashi0832/n/nba4de876fdec
③ https://note.com/watashi0832/n/nfb5bdba3739e
④ https://note.com/watashi0832/n/n930e96a19fe5

「支援者が自分とクライエントを守るためのポリヴェーガル理論」<下>

臨床心理士の経営を考える会主催(定例会)
「支援者が自分とクライエントを守るためのポリヴェーガル理論」<下>
講師:吉里恒昭先生
2月13日(日曜日)午後7時~8時半
参加費:1000円(単科)
オンライン(録画あり)
臨床心理士資格更新予定ポイント講座
サブスク会員は無料

「なぜ我々の言動が今の若者にはパワハラになってしまうんですか?やりにくくてしょうがない」

そんな50代、60代の方の声をよく聞きます

法律士業ならこう答えるのではないでしょうか

「職場での言動を因数分解してこなかった結果でしょう。言動の必要性と手段。これを因数分解していけばすぐにわかることです。
建築現場で命に関わる事故が起こりそうな時に“バカ野郎”というのは命を守るという必要性から、手段として妥当だと思います。しかし、オフィスにおいて成績が悪い従業員に“バカ野郎”というのは成績を上げて欲しいと言う必要性に対しての手段としては妥当と言えないでしょう」

では、これを心理学的にみるとどうなるでしょうか

50代、60代はもっと豊かになりたいと24時間働き貧困に抗い戦ってきた人々です。また学校では教育のシステムに抗い校内暴力などがよく起こっていました

戦って戦ってストレスというものに立ち向かっていった時代ともいえるでしょう

しかし我々が「今」感じている痛みはストレスだけなのでしょうか?

現代は「ストレスからトラウマの時代」と言われています

一体何に傷つき、なぜ生きづらく、何がパワハラと言われてしまうのでしょうか?

その答えがこのトラウマの時代を生きるためのポリヴェーガル理論に集約されています

心理職ならば必見。産業保健、相談業務を担いたい法律士業にも響く内容です

毎回、心から安堵したと、あらゆる層からフィードバックをいただける吉里先生の真骨頂です!
お申込みはこちらから!

https://semican.net/event/SC190132/jeepti.html

※(上)の詳細、お申込みです。お振込みは(上)(下)合わせて、でもちろん大丈夫です!
https://note.com/watashi0832/n/n256dc1c95132

担当:中條幸子 sr-rindow@rindowkokusai.com
臨床心理士の経営を考える会全体の案内です
https://note.com/watashi0832/m/m5007e19663d2

「支援者が自分とクライエントを守るためのポリヴェーガル理論」<上>

臨床心理士の経営を考える会主催(定例会)
「支援者が自分とクライエントを守るためのポリヴェーガル理論」<上>
講師:吉里恒昭先生
1月23日(日曜日)午後7時~8時半
参加費:1000円(単科)
オンライン(録画あり)
臨床心理士資格更新予定ポイント講座
サブスク会員は無料

「ポリヴェーガル?それは何ですか?」と驚いたのは産業医の友人達。

人の心を支え、守るために、「心」、そして「体」の研究は進みました。そしてもう一つの大事な「神経」。この3つを一緒に考えるのがポリヴェーガル理論です。

でも、書店に並んでいる本を見ると難しそう・・

ご心配なく!「誰にでもわかりやすい」と大人気の臨床心理士、吉里恒昭先生がこの最新知見を「赤さん」「緑さん」「青さん」で解説してくれます!

単科のお申込みはこちら!

• https://semican.net/event/SC190132/tsupjz.html

講座全体の情報はこちら!
https://note.com/watashi0832/m/m5007e19663d2

担当:中條幸子
sr-rindow@rindowkokusai.com

臨床心理士の経営を考える会主催(無料講座) 心理職のための“初めて”のオンライン講座(入門)

臨床心理士の経営を考える会主催(無料講座)

心理職のための“初めて”のオンライン講座(入門)

2月6日(日曜日)午後2時から4時
講師&司会:桜井夏輝(株式会社 Silent Voice役員、組織風土コンサルタント)
アシスタント講師:中條幸子(臨床心理士、社会保険労務士)

ZOOM会議=オンラインサロン型
定員50人
臨床心理士の経営を考える会・初年度サブスク会員様優先
→オンライン参加の優先受付を開始します(11月22日より)
(録画のみの希望の場合は不要です)
サブスク会員様には録画を進呈します

TIMEスケジュール
① 中條講義30分(録画はここのみ)
・講義開催の3Tって??これだけはおさえたい!
・法律系の先生の招くとき、これだけはNG!!要注意!!

昨年春から勢いで講座をスタートしたものの、司会の桜井さんから「これは決めないとだめでしょう!」と指摘され「先生、当職の立場ですとそれは・・」と友永弁護士から指導を受け・・

そんな中條の失敗、挫折と立ち直りのお話を。(私もビギナーです(笑))

② 後半戦はグループセッションでたっぷりと。「こんなことをやってみたいのです」「こうやったらうまくいくのでは」の時間にしたいと思います。

講座後の居残り、大歓迎です!!(人気者の桜井さんは午後4時で退席します!)

対象:
・新年度からオンライン講座を初めてやってみたいのですが、、かなり出遅れた感じがします、という心理職
・オンライン講座をやってはいるが、ほかの方の意見も聞きたいなあ、という心理職
こちらからお申し込みください!
https://semican.net/event/SC190132/ffthbx.html