セミナー情報」カテゴリーアーカイブ

産業心理の講座を担当します

第14回 京都CBTセンター研修会 【会場・Web研修】産業臨床に役立つ心理職のための法律と臨床セミナー

日時:2021年04月20日 19:00~21:30
会場:オンライン
講師:中條 幸子 先生
定員:10000人
参加資格:有職専門家、大学院生

【講師】
中條幸子 先生
地方新聞勤務を経て、「りんどう国際事務所」所長。弁護士などの専門職へのメンタルコンサル、講義などを行う。外国人労働者メンタル支援団体「ねころび」代表も務める。
保有資格:臨床心理士、公認心理師、社会保険労務士、実用英語検定1級、通訳案内士(英語)

【サポート】
岡村優希 先生 (京都CBTセンター)

【内容】
WITHコロナにおいて、中小零細企業のメンタル問題は深刻になる一方です。
しかし、小さな会社ほど心理面で困っているにも関わらず、どんな人に相談したらよいのか迷走している状況です。

心理士+社労士として中小零細企業で顧問やコンサルを多く手掛けてきた私からのお願いです。このコロナ禍を乗り切るため、日本企業の8割をしめる中小零細企業にコミットしてください!産業は心理職の力を待ってます!

一部(2時間30分程度)
① 「解雇できない国・日本」
日本は世界的にみて不思議な国です。労働法、裁判例から日本の企業も労働者もなぜ苦しい状況にあるのか?そして雇用の維持のため、心理職は何ができるのか?実例を挙げて解説いたします。

② 「労災メンタル」
労災のメンタル事案は増えるばかり。そもそも、労災とは何なんでしょう?労災のメンタルは認められるの?「心理的負荷による精神障害の認定基準」(厚生労働省)を使いながら、心理職が知っておくべき労災の知識をお届けします。

二部(2時間30分程度)
③ 「日本の労働あるある勘違い」
「パワハラで適応障害になった」という診断書が出たら、会社は裁判に負けるの?企業は試用期間ならば解雇できる?雇用保険は会社の主張がすべて認められるの?
労災の申請は労働者が出しちゃいけないの?強引に退職したら、損害賠償金?有給取得に理由は必要?パート、アルバイトならばすぐに辞められますよね?
労働相談によく寄せられるベーシックな質問にお答えします。

④ 「AFTERコロナと産業心理職」
日本人なら誰でも知っている“あの会社”の個人事業主導入はメンタルヘルス対策だった!企業・労働者はWITH・AFTERコロナにどう向き合えばいいのか?そしてこれからの心理職がどのように企業にコミットするか。成功事例や対応策をご紹介したします。

【対象】医療、保健、福祉、産業、教育、司法の有職専門家(認知行動療法初心者の方でも歓迎です)、大学院生

【日時】第1部:2021年3月12日19:00~21:30
    第2部:2021年3月19日19:00~21:30
【会場】オンライン

【録画視聴】3/20~4/20(なお、録画はお好きな時間に繰り返し何度でもご覧いただけます。)

【参加費】各5,000円(税込)

【主催】京都CBTセンター

※会場参加、録画視聴どちらも臨床心理士資格更新ポイント申請予定です。
 両日参加される方のみの申請となります。

【お問い合わせ】
kyotocbt02@gmail.com

https://cbtcenter.jp/cms/?itemid=2662&fbclid=IwAR1Y732vW6EIJJTJeuyl_GR79RFF8lKmh3o5R6nc2X6sFuGnBMPiAm1lRfc

外国人労働者メンタル支援講演

★オンラインイベントなので、どなたでもコメント・質問参加 大歓迎!

「“外国人労働紛争を防ぐコミュニケーション”とは?
外国人雇用こそAFTER コロナにおける日本企業の羅針盤。
典型模擬事例を使いながら、法律、心理、そしてコミュニケーションのプロフェッショナル3人が鋭く、そして楽しく解説します!

解説者は元地方新聞記者
オンラインイベントなので、どなたでもコメント・質問参加 大歓迎!
イベントページ:https://fb.me/e/acNn44I5v

「“外国人労働紛争を防ぐコミュニケーション”とは?
外国人雇用こそAFTER コロナにおける日本企業の羅針盤。
典型模擬事例を使いながら、法律、心理、そしてコミュニケーションのプロフェッショナル3人が鋭く、そして楽しく解説します!

解説者は元地方新聞記者
現在、社労士&心理士&通訳案内士を務める
中條 幸子(なかじょう さちこ)さん

と 友永隆太弁護士

聴き手はDEAF(聞こえない・聞こえにくい人)と
聴者の職場環境改善などを務める
Silent Voiceの桜井が担当させて頂きます。
■参加方法
当イベントページに「参加」を押して、当日配信されるライブ映像にコメント・質問をお寄せください。
■こんな方にオススメ!
・外国人労働者を雇用している中小企業
・外国人労働者の支援に関わる士業関係者
・外国人に関わるすべての人
■当日のスケジュール
※進行の都合上、前後する可能性があります。
○19:00〜19:05 開会・趣旨説明など
○19:05〜19:15 自己紹介タイム
○19:15〜20:00 トークセッション
 ・外国人労働問題・ここが課題~労働リーガルの視点から~
 ・外国人労働問題・なぜ問題~産業心理の視点から~
 ・外国人労働問題・これからのソルーション~コミュニケーションの視点から~
○20:00〜20:20 視聴者参加型QAセッション
○20:20~20:30 まとめ

■登壇者プロフィール
○解説者:中條 幸子
埼玉県川越市生まれ。
平成5年 米国テンプル大学日本校を首席卒業(政治学、歴史学)
平成5年 地方新聞勤務  
平成18年(独)労働安全衛生研究所(清瀬市)にて英語通訳、翻訳
平成21年 都内クリニックを皮切りに、臨床心理士として、東京都、港区などでカウンセリングやメンタルの講演を行う
現在、社会保険労務士、臨床心理士、通訳案内士として労働相談や企業のコンサルタントに従事。また、講演会、各種分野の執筆も展開している。
【HP】「ねころび」
https://lp.rindowkokusai.com

○聴き手:桜井 夏輝(サクライ ナツキ)
株式会社Silent Voice 取締役&組織風土コンサルタント(聴者)、上場企業等のコミュニケーション顧問を担う。
幼少期をシンガポールで過ごし、社内の半数がDEAF(聞こえない・聞こえにくい人)であることから、多様な考え方の中で生き抜く力を培った。責任者を務める「無音空間で言葉を使わない」無言語©研修は、ドコモなど600社以上が導入。NHK・民法各局を中心に数々のメディアに掲載され、いま求められているコミュニケーションのあり方として注目を浴びている。
【HP】https://silentvoice.co.jp/

社労士のためのメンタル事例検討会(2021年1月)

毎月恒例:

社労士のためのメンタル事例検討会

日時:1月22日(金曜日)午後7時から9時まで
場所:千代田区の会場
費用:3000円
定員:4名

☆2時間で2事例を扱います。事例がなくても「参加するだけでも勉強になる」と毎回大好評の講座です。

☆メンタルにある程度の知識がある方が対象です
☆こちらからお申し込みください
https://semican.net/event/SC190132/rwvpfd.html

第1回LEAP 研修会 「心理職は労働法をこうつかえ!」

第1回Leap勉強会:心理職は労働法をこうつかえ!

心理向けオンラインコミュニティLeap勉強会の申し込みフォームです。
タイトル:心理職は労働法をこうつかえ!
講師:中條幸子 先生(社会保険労務士・臨床心理士・公認心理師・通訳案内士(英語))
日時:12月16日(水)19時~20時 延長の可能性もあり
   録画視聴期間は12月17日~12月31日
参加費: Leap会員1,000円 一般参加2,000円
会場:オンライン
内容
法律はちょっと苦手、という方に労働基準法の基礎講座です。
A君はパワハラを受けて解雇になってしまいました。そこで労働基準監督署にかけこみましたが「相談するのはここではないですね」と言われて、、、。
さぁ、どうしますか?
年末、年度末にかけて解雇・雇い留めが起こりやすいこの時期に必須の内容です!
事務局:京都CBTセンター 岡村 kyotocbt01@gmail.com

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeioZuJOv3cM_9WwfbQOf7e5s05oWL247Il-KLJIuhYIdfLXQ/viewform

社労士のための事例検討会

毎月恒例:

社労士のためのメンタル事例検討会

日時:9月18日(金曜日)午後7時から9時まで
場所:千代田区の会場
費用:3000円
定員:4名

☆2時間で2事例を扱います。事例がなくても「参加するだけでも勉強になる」と毎回大好評の講座です。

☆メンタルにある程度の知識がある方が対象です
☆こちらからお申し込みください
https://semican.net/event/SC190132/bhabxg.html

ZOOMによる30分無料講座(7月編)

ZOOM講座

テーマ:自殺の現状、原因、対応

毎月開催しています、ご好評の“30分無料講座”。
6月に圧倒的な反響のあった、自殺の現状とこれから起きるであろう現象、その対策をお伝えします。

①コロナで自殺率は増えている?減っている?
②自殺への対応策は?何ができるのか?
③人事や社労士が知っておくべき自殺対策って??

7月18日(土曜日)午前11時から11時30分
7月29日(水曜日)午後2時から2時30分

30分無料講座(6月編)

テーマ:相談機関、用語などの一気解説

公認心理士と臨床心理士とは何が違うの?いきなり心理検査っていわれても顧問先の労働者になんて説明したらいいの?精神科医ってどの医者でもなれるの?テレワークで増えている子供や女性の相談ってどこにふればいいの?EAPって何者?

などの疑問に30分でお応えします。

日程:
6月23日(火曜日)午後2時から
6月27日(土曜日)午前11時から
6月28日(日曜日)午前11時から
(定員各10人)

3回共に内容は同じです

無料

30分無料講座(5月編)

大好評にお応えして!
「法律士業のためのコロナメンタル支援ヒント集・ZOOM講義、ミニ30分」を開催します!!
法律士業に限らず、すべての方々に役に立つ支援のノウハウです。30分のミニ講座、もちろん聞くだけでもOKです!

日程:
1回目:5月26日(火曜日)14時から14時30分
2回目:5月26日(火曜日)15時から15時30分
3回目:5月30日(土曜日)13時30分から14時
4回目:5月30日(土曜日)14時30分から15時
(各回10人限定)

内容:4回ともすべて同じ内容です

費用:無料

社労士のための事例検討会

社労士のための事例検討会

日時:5月15日午後7時から9時まで
場所:ZOOMにて開催
費用:3000円
☆申し込みはHPの問い合わせページからお願いいたします
すでに心理学を勉強した方などにお勧めです

社労士のための事例検討会

社労士のための事例検討会

日時:4月17日午後7時から9時まで
場所:九段下会議室
費用:3000円
☆申し込みはHPの問い合わせページからお願いいたします
すでに心理学を勉強した方などにお勧めです