未分類」カテゴリーアーカイブ

(録画視聴)心理学・最新知見「①マインドフルネス②ダイアローグ③ポリヴェーガル理論④産業に役立つポリヴェーガル理論」

臨床心理士の経営を考える会主催
(録画視聴)心理学・最新知見「①マインドフルネス②ダイアローグ③ポリヴェーガル理論④産業に役立つポリヴェーガル理論」
「臨床心理士の経営を考える会・SEASON1」主催で開催した心理学最新知見、マインドフルネス、ダイアローグ、ポリヴェーガル理論そして産業に役立つポリヴェーガル理論。
担当してくださった吉里先生始め、熱心な参加者のおかげで1年、走りぬくことができました!(「カンパーイ」というメッセージ、本当にありがとうございました!!)
吉里先生、見逃した!という方はこちらへ!
※システム上、開催日時が5月10日になっていますが、お申し込み後、すぐにご視聴いただけます
※臨床心理士以外の方ももちろん、大歓迎です!(公認心理師、産業保健、士業、人事など)

・・
いずれも講師は吉里恒昭先生(臨床心理士・医学博士)
 アシスタントは中條幸子(臨床心理士・社会保険労務士)
 司会は桜井夏輝(株式会社・Silent Voice・役員組織風土コンサルタント)
各講座:1000円です

①「支援者が自分とクライエントを守るために知っておきたいマインドフルネス(上)
録画視聴(単科)申し込みはこちら!
https://semican.net/event/SC190132/isqzvi.html

「支援者が自分とクライエントを守るために知っておきたいマインドフルネス<下>」
録画視聴(単科)お申し込みはこちら
https://semican.net/event/SC190132/ztwbjw.html

③「支援者が自分とクライエントを守るために知っておきたいダイアローグ<上>」
録画視聴(単科)のお申込みはこちら
https://semican.net/event/SC190132/xfnnfn.html

④「支援者が自分とクライエントを守るために知っておきたいダイアローグ<下>」
録画視聴(単科)のお申し込みはこちら!
https://semican.net/event/SC190132/xuturm.html

⑤「支援者が自分とクライエントを守るために知っておきたいポリヴェーガル理論<上>」
録画視聴(単科)のお申し込みはこちらから
https://semican.net/event/SC190132/rtppwq.html

「支援者が自分とクライエントを守るために知っておきたいポリヴェーガル理論<下>」
録画視聴(単科)のお申込みはこちら!
https://semican.net/event/SC190132/hboaom.html

⑦「産業に役立つポリヴェーガル理論」
録画視聴(単科)のお申し込みはこちらから
https://semican.net/event/SC190132/mzlcxn.html

担当:中條
sr-rindow@rindowkokusai.com

WS「相談記録、報告書、契約書。正確に伝わる文章、法的にもスキのない文章の書き方」

講座案内

昨年、私、中條の思いつきで唐突に開催した
「相談記録、報告書、契約書。正確に伝わる文章、法的にもスキのない文章の書き方」
が大変好評です。そして「友永弁護士と話をしたい」「グループワークはないのか?」などの多数の問い合わせがありました。

非弁法(弁護士法第72条)により、友永弁護士は個別質問に答えることはできませんが、グループワークで集約された公開質問にはお答えいたします。

以下、ワークショップを開催いたします。

WS「相談記録、報告書、契約書。正確に伝わる文章、法的にもスキのない文章の書き方」

4月22日(金曜日)
5月20日(金曜日)
いずれも午後6時半から9時まで
ライブのみ(グループワークがあるため)
オンライン
臨床心理士=4000円
臨床心理士以外=5000円

※臨床心理士更新ポイント予定講座ですが、令和4年度の認定協会のポイント申請変更に準じます

New 本協会から「臨床心理士の皆様へ〈重要公告:令和4年度に臨んで〉」を掲載します

・1日目
講師:中條幸子(実は元新聞記者でプロのライター)
①そもそも論の「伝わる文章の構成」「言い回し」
②「読む側の心理」とは?プロの書き手はここに渾身の力を入れている!
③「心理士が犯しがちなよみづらい文章」
☆(任意ですが)1人参加者様、A41枚の文章を添削いたします(公開は致しませんが、ご希望があれば、講座の教材として使用させていただきます)
☆グループワークを2回入れる予定です。

・2日目
講師:友永隆太弁護士(杜若経営法律事務所)

何かあれば自分を守るための最大の武器は「相談記録」
法的に“どこを直せばいい?”どう書けばいい?“の解説!

グループワークを2,3回入れる予定です。

友永隆太(ともながりゅうた)
2016年弁護士登録。使用者側で労働事件を主に扱う事務所(杜若経営法律事務所)に所属。団体交渉、残業代請求、労働災害や解雇事件等の労働問題について、いずれも使用者側の代理人弁護士として対応に当たる。労務をはじめとする企業向けセミナーを年間40回以上担当。著書に、『教養としての「労働法」入門』(共著、日本実業出版社)がある。

お申し込みはこちらです!

https://semican.net/event/SC190132/cbqzfx.html

※同業の講座業者などの受講はお断りいたします。また、SNSなどでの誹謗中傷行為には然るべき対処をいたします。

(録画視聴)心理職が労働の契約を結ぶとき、これだけは知っておきたいポイントシリーズ

<臨床心理士の経営を考える会・主催>
就職、転職の時期です。
心理職が労働の契約を結ぶとき、これだけは知っておきたいポイントシリーズです(録画視聴です)

「心理職が知っておきたい労働法の知識・労働契約、業務委託の違いと実務上のトラブルポイント」
参加費:1000円
お申込みはこちら!
https://semican.net/event/SC190132/wzkpjo.html

「労働契約書」と「業務委託契約書」はここが違う!
参加費:1000円
お申込みはこちら!
https://semican.net/event/SC190132/cpiinc.html

ともに講師は
講師:友永隆太弁護士(杜若経営法律事務所)

友永隆太(ともながりゅうた)
2016年弁護士登録。使用者側で労働事件を主に扱う事務所(杜若経営法律事務所)に所属。団体交渉、残業代請求、労働災害や解雇事件等の労働問題について、いずれも使用者側の代理人弁護士として対応に当たる。労務をはじめとする企業向けセミナーを年間40回以上担当。著書に、『教養としての「労働法」入門』(共著、日本実業出版社)がある。

「中小企業のための新型コロナウイルス対策ガイド vol.2」

大変お世話になっている今井鉄平ドクターから下記の情報を頂きましたので共有させていただきます。
☆☆☆

和田耕治先生(国際医療福祉大学)監修の下、いつもの産業医有志グループからの情報から記事を抜粋し、「中小企業のための新型コロナウイルス対策ガイド vol.2」を作製しました。
下記URLからダウンロードできます。

http://www.oh-supports.com/…/pdf/guide_covid19_vol.2.pdf

中小企業の経営者・総務人事担当者にとって参考になる情報が多々含まれているかと思います。ぜひ情報拡散をお願いできますと幸いです。

中小企業のためのメンタル事例研究会|東京都社会保険労務士会HPに掲載していただきました!

東京社会保険労務士会、自主研究会としてHPにアップしていただきました!

中小企業のためのメンタル事例研究会|東京都社会保険労務士会

中小企業のためのメンタル事例研究会


こちらにも!
初回、特別講演会、決定しております!
(会場開催を予定しております)

中小企業のメンタル事例研究会

●グループ紹介
臨床心理である中條が2017年から社労士が現場で困るメンタル事例を取り上げ活動してまいりました。
企業でのメンタル事例は、①躁うつ病、②発達障害、③人格障害の3つは必ずおさえるトピックスですが、人手不足に悩む中小企業においては、これに加え、④精神遅滞、⑤愛着障害をしっかりと抑えることが大切です。
さらに、弁護士、産業医、深い知識を持った臨床心理士などの連携も欠かせません。
事例検討会を年4回予定、また、弁護士らを招いた特別講演会を開催いたします。

●グループ概要
1)代表者:中條幸子(武蔵野統括支部・武蔵野支部)
3)連絡先:中條幸子 E-mail sr-rindow@rindowkokusai.com
4)開催日時:年4回(土曜日の午後2時から3時半・ただし、情勢などを鑑み、オンライン併用や会場の変更、時間の変更があります)
5)会場:都内会場
6)会費:年会費2000円 入会費1000円
7)会員数:9名 会員募集中
8)見学・体験:見学制度あり

●研究会の進め方について
社労士が抱えるメンタル相談事例を2つ、ピックアップいたします。事例は会員から募集し、臨床心理士、公認心理師である中條がSVを務めながら全員で討議いたします。

年に2,3回、弁護士、産業医、心理学者などを招いた特別講義を開催いたします。
※特別講演は別途講演料をいただきます。(会員3000円、非会員6000円)
※非会員の6000円には、入会費と年会費が含まれています

●研究会開催テーマ
 2022年3月11日午後7時(特別講演)(会場は都内予定)
「社会保険労務士が外部相談窓口としてこれだけは知っておきたい心理学5ステップ
~法律家との連携はココをおさえろ!」
講師:友永隆太弁護士(杜若経営法律事務所)
中條幸子(当会代表)

労働相談のための電話相談10ステップを追加開催いたします!

【緊急開催!】法律士業、産業保健、人事のためのパワハラ防止法・対策集中講座
&労働相談のための電話相談10ステップ

2022年4月、パワハラ防止法が適用になります。
山のようにメンタル対策、相談手法の本などが出ていますが、法律士業、産業保健、人事としてはどこまでを知り、そして何をすればよいのでしょうか?

社労士として、臨床心理士として4年間、専門職への講座展開の経験から「これだけは」の講座をオンラインで開催します。

絞り込んだ内容の講義後、参加者をSLACKにご招待。質問をまとめた講座を開催します。

日程(すべて録画視聴できます)

<発達障害など>

1月
発達障害基礎と法律士業・人事の実務対応のポイント
①1月8日(土曜日)午後7時から7時45分(講義)
②1月15日(土曜日)午後7時から7時45分(講義)
③1月29日(土曜日)午後7時から8時30分(①②を受け、皆様から出た質問にお答えします)
・発達障害で最も大切なことは〇〇に困らないこと。
・発達障害と言われて、最初にすべきことがあります。そしてそのフォローアップとは?

2月
発達障害、愛着障害・法律士業・人事の実務対応のポイント
①2月5日(土曜日)午後7時から7時45分(講義)
②2月12日(土曜日)午後7時から7時45分(講義)
③2月26日(土曜日)午後7時から8時30分(①②を受け、皆様から出た質問にお答えします)
・発達障害と似て異なる愛着障害、企業はどうすれば?
・産業分野。もう「○○」が肝!でしょう

3月
人格障害①②・法律士業・人事の実務対応のポイント
①3月5日(土曜日)午後7時から7時45分(講義)
②3月12日(土曜日)午後7時から7時45分(講義)
③3月26日(土曜日)午後7時から8時30分(①②を受け、皆様から出た質問にお答えします)
・難攻不落の人格。対応策は就業規則でいいの?
・決断しないといけないときがあります。この専門職に登場してもらいます!

参加費:
1か月単位=2980円
申し込みはこちらから

•1月 https://semican.net/event/SC190132/erbkok.html

•2月https://semican.net/event/SC190132/nzqqmn.html

•3月 https://semican.net/event/SC190132/plxart.html

3か月=7500円
申し込みはこちらから!
https://semican.net/event/SC190132/vlzccn.html

☆☆☆4月を前に電話相談の講座希望が多数あり、追加させていただくことになりました!
(すべて土曜日開催、録画あり。講座の間に15分の休憩があります)

1月
1月8日・発達障害 (午後7時から7時45分)+電話相談STEP1(8時から8時45分)
1月15日・発達障害(午後7時から7時45分)+電話相談STEP2(8時から8時45分)
1月29日・質問に答えて①(7時から8時30分)+電話相談STEP3(8時45分から9時30分)

2月
2月5日・発達障害(午後7時から7時45分)+電話相談STEP4(8時から8時45分)
2月12日・愛着障害(午後7時から7時45分)+電話相談STEP5(8時から8時45分)
2月26日・質問に答えて②(7時から8時30分)+電話相談STEP6(8時45分から9時30分)

3月
3月5日・人格障害(午後7時から7時45分)+電話相談STEP7(8時から8時45分)
3月12日・人格障害」(午後7時から7時45分)+電話相談STEP8(8時から8時45分)
3月26日・質問に答えて③(7時から8時30分)+電話相談STEP9、10(8時45分から10時15分)

受講料 
①前半系のみ3ヶ月で7,500円
②後半電話相談編(10ステップすべて)のみ3ヶ月で5,000円
①+②合わせて10,000円

①のお申込みを多数いただております。発達障害などの講座(3か月で7500円)すでにお申込みの方で電話相談をお申込みの方は差額(2500円)でのお申込みとなります(振込手数料をおかけする場合、大変申し訳ありません)

発達障害系のみのお申込みはこちら(7500円)
https://semican.net/event/SC190132/vlzccn.html

電話相談のみのお申込みはこちら(5000円)
https://semican.net/event/SC190132/fclhkh.html

二つの講座を合せてのお申し込みはこちら(10000円)
https://semican.net/event/SC190132/akzavc.html

・すでに発達障害系のお申込みの方はご連絡ください
sr-rindow@ridnowkousai.com(中條)

<講師:りんどう国際事務所・中條幸子>
臨床心理士・公認心理師・社会保険労務士

米国大学日本校を首席卒業後、地方新聞社に勤務。社会面、国際面など担当し、在職中に英検1級取得。退社後、(独)労働安全衛生総合研究所(当時)にて英語翻訳・通訳者として安衛法などを担当する。同時に通った大学院卒業後、2010年に臨床心理士を取得し、産業分野一筋。2017年、社会保険労務士合格。

顧問企業へのコンサルテーションほか、弁護士、社労士、産業保健らへのメンタル講座を展開。4年間で、のべ800人が受講する。社労士ら法律士業への個別コンサルテーションも多数。「メンタル相談ならばこれだけ」に絞り込んだ内容と、圧倒的なプレゼン能力で幅広い専門職から支持を受けている。

著作:
開業社労士専門誌「SR」(日本法令)
 抽象企業義務化直前 パワハラコンサル 提案と実務
外部相談窓口をする際のポイント(日本法令)

法律士業・人事のための相談応対シリーズ が人気です

法律士業・人事のための相談応対シリーズ が人気です

マガジンはこちらです
https://note.com/watashi0832/m/mcf106ec30981

2021年12月の大阪、心療内科の火災を受けて番外編(緊急事態とマスコミ報道に備えて)①から④を書かせていただきました。


大阪の心療内科、火災の報道をご覧になっている法律士業、人事、労働相談員の方々が多いかと思います。19日は著名人の自死報道がありました。

両立支援の動きが進み職場でも精神に障害のある方の雇用が進んでいます。

彼らが不安になる、怖いという訴えをするなどの反応が考えられます。

何より懸念されるのは今回の事件の報道で、精神障害などに対する偏見が助長されることです。

このような時に人事や顧問、労働相談員らはどのようにしたらよいのかという点を番外編(緊急事態とマスコミ報道に備えて)として書かせて頂きました。ご参考になれば幸いです。

(私は元々ある新聞社に勤務していました。また今は臨床心理士であり社会保険労務士です)

① https://note.com/watashi0832/n/n62e3a15deb1c
② https://note.com/watashi0832/n/nba4de876fdec
③ https://note.com/watashi0832/n/nfb5bdba3739e
④ https://note.com/watashi0832/n/n930e96a19fe5

「臨床心理士の経営を考える会」サブスクリプション会員の皆様へ

サブスクリプション会員の皆様へ

2021年9月からスタートした「臨床心理士の経営を考える会」への御参加、誠にありがとうございます。

同年5月より実施スタート、(公財)日本臨床心理士資格認定協会様から承認団体としていただき、様々なご配慮のもとに講座を運営してまいりました。

しかし、最も支えとなったのは、スタートしたばかりで海のものとも山のもともわからない団体の講座にスタート時から参加していただき、率直かつ思いのこもった感想、助言をいただきました皆様、30人余のおかげです。

リクエストはすぐに講座内容に反映させ、質のバージョンアップに活かすことができました。

当会の第1期は2022年5月12日をもって終了しますが、2022年5月13日からのSEASON2として、友永隆太弁護士、吉里恒昭先生(臨床心理士、医学博士)、そして司会、講師も務める桜井夏輝の続投が確定しております。

3月13日には「株式会社・生き直し」(https://ikinaoshi.co.jp/)
の千葉龍一さんをお迎えし、出所者に対し、心理職として何ができるのか、支援者として、また、人としてどのように他者に向き合うのか、などのお話をいただきます(60分)

そして、もう一人、産業関係の講座(60分)の日程調整を現在、進めています。

初年度のサブスクリプション会員様には、25時間分となります。(すべて当初の会費に含まれております)

SEASON2は1年で20時間、より厳選したタイムリーでかつ短時間で心理職に役に立つ講座を展開、コミュニテー化なども検討しております。

初年度サブスクリプション会員様におかれては、SEASON2以降もお申込みいただく場合、年間費10000円(月単科888円)で講座をお届けいたします。(SEASON2からの参加の場合は20000円となります)

引き続き、ご指導、ご鞭撻、何卒宜しくお願い致します。

臨床心理士の経営を考える会・代表
中條幸子
(臨床心理士、公認心理師、社会保険労務士、実用英語検定1級)

(録画視聴)大好評です!「相談記録、報告書、契約書。正確に伝わる文章、法的にもスキのない文章の書き方」

3日間の告知でしたが、38人の申し込みがあり、録画視聴も大変好評です。

「相談記録、報告書、契約書。正確に伝わる文章、法的にもスキのない文章の書き方」

心理職の相談記録ってそもそもなんのために書くの?どうやって書けばいいの?書式はないから自由に、といっても、でも、これ本当に自由に書いて裁判になったら責任はどうなるの?どうしたら、クライエント、契約先、そして自分を守れるの?
そんな疑問、リクエストにお応えします。すべて60分×3回です。
① 相談記録を添削して「誰でもわかりやすい文章を」
出演・中條幸子・臨床心理士、元新聞記者、社会保険労務士
  ・吉里恒昭先生・臨床心理士・医学博士
病院や施設での架空の相談記録をライブ添削します。

マスコミの文章は訴えられることは本当に少ないかと思います。それにはコツがあります。そしてほとんどの日本人は同じ落とし穴に落ちているだけです。そのちょっとしたコツが見える化する1時間です。ここを抑えると、すっきり「分かりやすいね!」という文章にまとまります。
講座イメージ:
相談する人→吉里先生(病院臨床20年の経験から架空の相談報告などを作成していいただいています)
チェックする人→中條(事例は現実におとしこむと使えないことが多いので、「ここだけ!」とかつて後輩記者を指導していた経験で指導、添削、最後にポイントを列挙します。

② 「法的に通用する文書って?」
講師:友永隆太弁護士(杜若経営法律事務所)
アシスタント:中條幸子(臨床心理士、元新聞記者、社会保険労務士)
司会:桜井夏輝(株式会社・Silent Voice役員・組織風土コンサルタント)
「誰にでもわかりやすい文章」。でも、本当に心配なのは「これが裁判になったら・・」ではないでしょうか?①の回でできた文章を元に弁護士からリーガルチェックをいれてもらいます!

③「労働契約書」と「業務委託契約書」はここが違う!
講師:友永隆太弁護士(杜若経営法律事務所)
アシスタント:中條幸子(臨床心理士、元新聞記者、社会保険労務士)
司会:桜井夏輝(株式会社・Silent Voice役員・組織風土コンサルタント)
講座イメージ・
労働契約と業務委託契約の働き方は大きく違います。では、契約書はどのように違うのか、そしてどういう一文が決め手でクライアント、契約者、自分を守れるのでしょうか?
ビフォア・アフターで文章はこう変わりますという事例で説明します。

・・・
対象:
・自由に書いてっていわれても。上司や先輩に相談してもどうやって書いたら良いか、迷う心理職、産業保健、人事の方など
・報告書が本当に多い、そして「公になったら・・」と心配がある方
・文章って体系的に学んだことがないな、さらにこれが法律に当てはめるとどうなるんだろう、と疑問がある方

☆3講座参加=2000円(1回のお申込みで3回分の受付が終了します)
https://semican.net/event/SC190132/sptais.html

※同業(講座運営団体・会社など)の受講はお控えください

サブスク講座など講座全体の案内はこちらをご覧下さい
https://note.com/watashi0832/m/m5007e19663d2
※「臨床心理士の経営を考える会」定例会の臨床心理士POINT更新予定講座です
よくある疑問をご参照ください
https://note.com/watashi0832/n/ne8f3c732d5d7

開業社労士向け専門誌「SR」64号(11月5日発売)に記事掲載

開業社労士向け専門誌「SR」(日本法令)で記事を執筆させていただきました!

2022年4月に中小企業にパワハラ防止法が適用になります。

「中小企業の義務化直前!パワハラコンサル 提案と実務」
の特集で
「外部相談窓口をする際のポイント」を担当させていただきました。

臨床心理士+社会保険労務士として、特にメンタル面に踏み込んだ内容です。